すたっふのひとりごと

捨て猫が増える時期。

2017-06-11

新居浜店

最近ダンボールに入れられて、捨てられている猫のニュースや話をよく聞きます。

知っていますか?

猫は他の動物と違って、季節繁殖型で2月から8月にかけて繁殖していく動物です。

そして、交尾をすれば99パーセントの確率で子供を産みます。

それも妊娠してから2ヶ月で。

6月から8月にかけて、ピークを向かえるので、捨て猫が増えるのです。

知っていましたか?

子猫は保健所につれていかれると、その日に殺処分です。

私は凍らされた子猫たちを間近で見てきました。

生まれたての命が燃えるゴミの日まで凍らされて保管されるのです。

猫を飼う方は必ず去勢・避妊させましょう。

そして必ず室内で飼育してください。

この時期はご結婚をされて新居を探されている方が多く訪れます。

新居では動物を飼えないからと、捨てる方も中にはいらっしゃると思います。

当店では動物飼育可能な物件も取り扱っています。

捕獲されて保健所送りになった子達は最長でも1週間しか生きられないのです。

捨てるなんてこと絶対にしないで下さい。

ペットを飼っている方、これから飼う方、一緒に共存できるペット可能な物件をご案内致しますので、是非当店へご来店くださいませ。

Htm.

このページの上部へ