すたっふのひとりごと

本当はパパ役のおいちゃん

2017-07-20

新居浜店

以前のことですが、子供が小学生低学年のころで、7、8年前のことです。

私と娘は、半世紀以上の年齢差があります。婚期、子宝の旬を逸した結果ですが、

大変満足して感謝しています。

加茂川の河川敷がマンションの直ぐ脇にあるため、休みの日には誘われてボール遊び

をします。 その日もサッカーをして、「パパ いったよ!」 「オーライ!」 いつもの調子で

やっていましたが、2人では飽きてきたようで、同じマンションの年下のトモ君を呼び入れて、

彼に逸れたホームランボール蹴飛ばせました。  「 爺ー爺ー いったよ!! 」

   「 爺ー爺ーと  呼ばれて嬉し  球拾い 」

         本当はパパ役のおいちゃん

 

 

このページの上部へ