すたっふのひとりごと

ノンフィクションのこはぜ屋となるのか?

2017-12-15

新居浜店

突然ですが、こはぜ屋というのは、毎週日曜日に午後9:00からオンエアされている

池井戸潤氏原作のドラマに出てくる足袋をつくっている会社のことです。

創業100年を超える老舗の足袋屋さんなのですが、経営に行き詰まり、資金ぐりに困っている状態です。

そこへフェリックスという世界的な大企業が手を差し伸べました。

こはぜ屋はフェリックスと手を結び、勢いを取り戻すことができるのか?

というのが、先週までのザックリとしたストーリーです。

 

結末はハッピーエンドになるそうです。

 

話は変わって、ここから実際の話だけど、赤信号が点滅している製薬関連の会社がありました。

その会社にはシオノギ製薬が手を差し伸べました。

その会社には、ぜひこはぜ屋のようになっていただきたい! と強く思っています。

 

なぜなら、その製薬会社に投資しているからです。

 

 

リュウツェルン

新居浜市、西条市の不動産のことならエース住宅!!

このページの上部へ