すたっふのひとりごと

今でしょ!

2015-06-05

東予店

不動産の国家資格といえば宅建ですね。

毎年10月中頃に試験がありますが、

宅建は行政書士やファイナンシャルプランナーなど他の資格と

出題範囲が少しづつかぶっていたりして

資格の入門として最適と言われています。

どんな方でも持っておくと役に立つ事が多いそうです。

 

試験に出るのは、

・宅建業法について

・不動産に関わる法令上の制限について

・不動産に関わる税金について

・民法・借地借家法などなど

・建築その他

から50問の4択問題です。

昨年の合格ラインは32点でした。

(なんだかいけそうですよね!)

合格率は例年15%前後だそうで、

合格ラインぎりぎりで落ちる点数の人の分布が最も多くなるのがにくいところです。

 

今年受けようかなと思われている方、

ちょうど今頃から勉強を始めるといい感じで間に合うと思いますよ!

 

勉強の仕方でよくある失敗例として、

一番範囲の広い民法から始めて挫折してしまう、というのがあるそうです。

宅建業法→法令上の制限→民法→税金の順番でやると良いという風に聞きました。

 

試験を受けるためには7月末までに申込みをしなくてはいけませんのでお忘れなく!

 

R2D2

このページの上部へ