すたっふのひとりごと

かかと

2015-01-21

編集室

一言・・・ 『 削り過ぎない!』 !

新聞紙面を見てびっくり! 古くなった角質は除く・・と思っていただけに。

なぜ、削りすぎない?

1.人間の皮膚は、夏は体温を逃がすために薄くなり、冬は水分を蓄えて熱を奪われないよう厚くなるそうです。

大切な角質を削り過ぎて、体が痛んだと錯覚し、分厚くしようと働く悪循環に。

バリアー機能を削ると、ウイルスやカビなどが侵入し、水虫にかかりやすくなるそうです!

今、いろんな商品が販売されていますが、正しい知識が必要ですね。

最近は、すべてに抗菌が多いですが、免疫もつけなくっちゃね!

まつ

このページの上部へ