すたっふのひとりごと

心理学

2019-06-25

新居浜店

小学生の時を思いだした。   1人の友だちが不意に空を指をさしました。

その場にいたもうひとりの友達がその指を指したほうを見上げます。 感染するかのように近くで散歩をしている大人たちもその光景につられてその方向を見る。

いわゆる「ペンギン効果」というやつです。しかし、自分はひねくれものなので、人が指を指し、皆が見上げるなか、気になっている自分がいるのですが、維持でも振り返らないという

可愛げのない自分がいたなと思いました。 今も素直さに欠けるところがあるのですが、意地っ張りな性格を取っ払いペンギンのように平和に過ごしていきたいと、このぬいぐるみをみて

感じました。 DY

このページの上部へ